スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

麻雀楽しいよwww

かなり久しぶりの更新です。

最近は麻雀にハマっていますwww

ハンゲ、雀龍門、天鳳、ぱいろん等、いろいろなサイトで打っています。

少し前まではハンゲが多かったのですが、最近は雀龍門がメインです。

この前アリアリハンチャンで100戦をしたので簡単に勝率をw


平均順位2.360
1位26回
2位29回
3位28回
4位17回

麻雀での100回位だとそんなに信用出来るデータではありませんが、まあまあの成績だと思います。

順位以外のデータは
リーチ率  約30%
フーロ率  約2%
鳴き実行率 約2%
裏ドラ確率 約40%
放縦率   約12%
和了立   約19%

……門前のリーチメインの麻雀ですwww

なんだろう、もうちょい鳴いた方がいいんだろうけど、
あんまり鳴きたくないんですよね。

鳴き好きの人がよく狙うと思うタンヤオ、ホンイツ、トイトイがそんなに多くない。

和了が190回の内、タンヤオ23回、ホンイツ1回、トイトイ1回

しかもホンイツとトイトイは複合で出たと思うので、かなり狙っていません。

タンヤオもピンフやリーチのオマケ程度でドラが大量とか以外ではほとんどクイタンもしてないと思います。

ちなみに2役で一番和了回数が多いのがチートイの9回続いて三色の7回。

自分でもわかっているんだけど、染め手があまり好きじゃない。

チンイツは一回もないし、イッツーもあまり好きじゃない。

多分、門前で進めた時効率がいい役が好きなんだと思います。

はぁ、鳴きが上手くなりたいぜwww
スポンサーサイト

七つの大罪その0

七つの大罪と言うものがある。

傲慢、嫉妬、憤怒、怠惰、強欲、暴食、色欲。

キリスト教の用語で、人間が罪を犯す原因になる七つの感情など、と言われている。

それぞれに対応する悪魔がいる。

傲慢のルシファー、嫉妬のレヴィアタン、憤怒のサタン、怠惰のベルフェゴール、強欲のマモン、暴食のベルゼブブ、色欲のアスモデウス。

アニメや漫画を含む様々な作品に七つの大罪が登場する時があります。

しかしこの記事はどのカデゴリにするか悩みましたw

その1以降はマンガなどのカデゴリにしますが、今回は一応宗教に分類しましたw

テーマ : オカルト・ホラー - ジャンル :

人体の中の悪性な腫瘍を機器を使わず見つける能力について

今日、こんな話をした。
正確には話と言うよりもチャットですがw

最近あまりブログ書いてないと。
なのでリクエストを聞き、そのテーマで書いて見ることにしました。
その結果のテーマがこれ。
『人体の中の悪性な腫瘍を機器を使わず見つける能力』
にゃーw

ちなみにその友達には、こう言われました。
触らない方向で
目で見ただけでわかるって方が、いいかな

と言うわけで今回は、人体の中の悪性な腫瘍を機器を使わず見つける能力と透視や遠隔視についての考察をしたいと思います。
また友達に演算能力の話をされたのでとある魔術の禁書目録風に解説したいと思いますw

まずこの能力自体が極めて限定的な物ですね。
人体限定、しかも悪性な腫瘍と。

ボクはあまりプログラムは得意ではないのですが、
プログラム的に考えると
まず、対象が人体かどうかの判断。
次に腫瘍があるかどうかの判断
そして悪性な腫瘍かどうかの判断。
って考えがありますね。

そういえばこんな事を言われました。
目から映像としての情報が、脳に伝達されるだろ
で、そいつの外見を見た時の立ち方とか、姿勢なんかから、脳の記憶と当てはまるパターンを導き出して、
当てはまる病気を結果としてだして、
それを高速に脳が処理してるとか

これもありですね。
まあ、処理速度や演算能力の事はボクよりその友達の方が詳しいと思うので腫瘍の判断についてはこんな感じでw

次は透視や遠隔視の話に行きますかw
いろいろな考えがあるとは思いますがボク的な考えでは透視は遠隔視の応用だと思います。
たとえばビルの裏に人がいます。その人を見る力は透視ですか? それとも遠隔視ですかね。
ボクはどちらも正解だと思います
もちろんその場合、使う原理や処理の仕方によりますが。

それでですね結論を言うとこの能力は不完全な遠隔視と言えるのではないでしょうか?
とある魔術の禁書目録に登場するキャラクター『査楽』が使う能力に
死角移動と言うものがあります。
ちなみにボクは全巻読んだわけじゃないので詳しくは話せませんw

一応この能力は瞬間移動の一種です。
この能力の欠点は相手の背後にしか移動できないと言う事ですね。
この能力は他人の位置情報を元に補強し移動しているらしいです。
つまり何かを基準に演算を行い能力を発動していると言う事ですね。
今回のテーマの能力も限定的な条件でしか活用できない能力ですよね?

となると人体の中の悪性な腫瘍を機器を使わず見つける能力を禁書世界の科学的に推測するなら
自分と言う人間を基準に対象を人間であると演算し判断する。
※見れば人間かどうかわかるんじゃね? と言われるかもしれませんが相手が精巧に作られたサイボーグなどで外見で判断できない場合もあるためこの処理はあった方がいいです。
腫瘍がない状態を基準に対象の体の中に腫瘍があるかどうかの判断。
腫瘍が悪性かどうか? の判断。
もちろんこの処理を行うためには医学的な知識が必要になります。
まあこんな所でしょうか?w

いやーしかし酷い文章だなこれwwwwwwww
一応、いいわけせてもらうならボクは眠かったw
そして遅筆なわりには急いで書いたw

今回はこんな感じでw

天使ワンターンキル

最近作った遊戯王のデッキ。
天使ワンターンキル。

デッキレシピ
モンスター30枚
封印されし者の右足×1
封印されし者の左足×1
封印されし者の右腕×1
封印されし者の左腕×1
封印されしエクゾディア×1
オネスト×2
緑光の宣告者×3
朱光の宣告者×3
ヘカテリス×3
光神テテュス×3
神聖なる魂×3
大天使クリスティア×3
堕天使アスモディウス×3
堕天使ゼラート×2

魔法11枚
神の居城-ヴァルハラ×2
トレードイン×3
リロード×3
打ち出の小槌×3
の合計41枚です。

テテュスによるドロー加速でエクゾディアをそろえるデッキです。
ヴァルハラの効果でテテュスを出しそこから手札の入れ替えを始めます。
うまくいけばそのターンでエクゾディアがそろいワンターンキル。
また緑光の宣告者と朱光の宣告者が3枚ずつ積まれているため相手がワンターンキルデッキでも、それなりに対抗できます。

ネタデッキばかりのボク的にはなかなかの出来だと思いますw




テーマ : 雑記 - ジャンル :

カリフォルニアバーガー&Big Americaシリーズ? の感想

この前カリフォルニアバーガーを食べた。

見た目の感想はこれまでの3種を足した感じ。
テキサスのベーコン、ニューヨークの野菜、ハワイアンのチーズ。

味の方はニューヨークに近い感じ。
見た目も似ていますね。
なんていうか普通のハンバーガの上位? みたいな感じです。

他3種の感想ですが
テキサス
おそらく一番人気。
肉にベーコン、見た目といい、肉が好きな人にはたまらない一品だと思います。
ちなみにまた再販されますw

ニューヨーク
野菜がおいしい。
テキサスが剛ならニューヨークは柔。
野菜のおかげで肉の味がアップ。

ハワイアン
名物ロコモコ。
4種のなかでもっともトリッキー。
そのぶん人を選ぶと思います。

ゲーム的に言うなら
パワーのテキサス
スピードのニューヨーク
テクニックのハワイアン
オールラウンドのカリフォルニア
みたいな感じですw

みなさんはどれが好きでしたか?

テーマ : ちょろっと - ジャンル :

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。